法人向けパソコンは、一般向けの製品と比べて備わっているソフトの数が少ないものや、デザインがシンプルなものが目立ちますが、導入コストを安く抑えられることから多くの企業で普及が進んでいます。また、数ある製品の中でも、省エネ設計のものや、社内でメンテナンスが簡単に行えるものは特に人気が出る傾向があります。

法人向けパソコンの特徴

社内に法人向けパソコンの導入を検討するにあたり、おおよその導入コストや購入方法、メンテナンスの方法などをしっかりと把握することが大事です。また、買い替えのタイミングについても購入前に考えておくことが大事です。

法人向けパソコンの導入コスト

パソコンを購入するときの費用を考える時、個人で購入するときと法人が購入するときでは多少差があります。個人で購入するときは家電量販店で1台ずつの購入になるでしょう。その他プリンタなどを一緒に買う程度…

Read more

法人向けパソコンのメンテナンス

法人向けパソコンのメンテナンスと言っても、個人向けパソコンとほぼ変わらず基本となるのは掃除です。パソコンを使用していく内にいつの間にか音がうるさくなっているということはありませんか。パソコンの音が…

Read more

法人向けパソコンの購入方法

パソコンを製造しているメーカーのウェブサイトをよく見てみると、ページが個人用と法人用で分かれているので、法人用のパソコンの購入を希望している人は、そこから法人向けのウェブサイトに移動すれば法人用の…

Read more

パソコン選びのポイント

法人向けパソコンのデザイン

会社ではパソコンを使って仕事をしますが、社内などで仕事をするためのパソコンは会社から貸し出されます。ですから自分で購入したり持参したりする必要はありません。社内作業が多い人だとデスクトップ型もある…

Read more

法人向けパソコンのスペック

法人向けパソコンは、長時間のパソコンの使用にも耐えられるよう、一般向けの製品よりもスペックの高いものがたくさんあります。特に、プレゼン資料の作成や表計算などの作業を行う機会が多い場合には、ハードデ…

Read more

BTOとは何かを解説!

「Build To Order」の略で、受注生産という意味ですが、例えばBTOパソコンならメモリー・ハードディスク・マウスなど、お客が欲しい機能を持つパソコンが購入できます。

法人向けパソコンの操作方法

パソコンの操作と作業効率の関係

パソコンは大量のデータの管理や運用を効率良く行えるOA機器として、業種を問わず広く普及しています。特に事務系の仕事には不可欠な機器ですが、法人向けのパソコンはデータの共有やファックスなど他のOA機器と連動させる必要上、個人向けのパソコンとは操作方法が異なるケースがあります。 法人向けのパソコン操作は作業効率を考慮したものになっています。個人向けのパソコンではほぼ問題にならないわずかな手間であっても、業務の最中であれば回数を重ねるほど時間の無駄が顕著です。そのため、ショートカットやワンタッチ変換など、操作の無駄を極力省いた工夫が求められます。近年では業種ごとに最適な簡略化を記憶させるソフトも市販されているので、パソコン操作の効率性向上を図ることが可能です。

法人向けパソコン特有の機能と操作する際の注意点

法人向けのパソコンは書類の作成やデータの共有、容量の大きいデータの送受信などの事務系業務全般に対応した機能を搭載しています。そのため、操作方法も個人向けのパソコンとは異なる点も多く、パソコンを使い慣れている人でも改めて学習することが大切です。法人向けのパソコンで特に多く見られるのが特定の機能をワンタッチで起動させるショートカット機能です。表計算やデータの開示など、業務で頻繁に使用する機能を手間をかけずに動かすことが出来るようになっています。わずかな手間でも回数が多いとそれだけロスタイムに繋がることから、効率性を第一に考えた操作方法を会得することが業務の質を高めるための条件です。その一方で法人向けのパソコンの操作になれると、今度は個人向けのパソコンが使いにくく感じられてしまうことがあります。家庭でパソコンを使う機会が多い人はそれぞれの操作の違いを正しく理解することが大切です。